Gクラフト GC-019MNKアルミフレーム

39987-01.jpg
  • ネック角度を23.5度に設定・・・NSF100(23.36度) と近似値にすることでスポーティーな走りを実現します。
    (モンキー純正は25度)
  • ネック長を30mm 延長・・・12 インチ化を施してもタイヤとエンジンのクリアランスを確保します。
  • ピボット位置を10mm 変更・・・スイングアームピボット位置、エンジン搭載位置を見直し、より良いアンチスクワット効果を得ています。
  • エンジン搭載位置変更可能・・・純正と同じ位置と、7mm オフセットさせた位置の2種類が選べます。
    (7mmオフセットさせることでNSR ホイールやワイドホイール化の際にオフセットスプロケットが必要ありません)
  • ツインショック、モノショック仕様の2種類に対応・・・モノショックの場合は別途専用のモノショックスイングアームが必要になります
    GC-019MNKフレームのモノショック仕様は、ショックマウント位置が異なるため、従来のモノショックスイングアームは使用できません。
  • サスペンション取り付け位置の変更・・・ツインサスの場合、上側サスペンション取り付け位置を純正フレームと同じ位置のほか、91mm後方位置が選択できます。後方に変更することでロングスイングアームを装着した場合に、短いサスペンションを立てて装着することができ、サスペンションの機能を損ないません。
    ※アルミバッテリーケースが付属します。
    ※ハンドルロック可
    ※ノーマルリアフェンダーは使用不可
    ※こちらのフレームにはステムベアリングレースは付属しません。別途ご用意下さい。
  • ダウンドラフトキャブレター(TDMR32)の装着確認ができました(マニホールドはキタコ製を使用)
    オプションのオイルキャッチタンク仕様ですと、ニップルの位置変更が必要となります(要相談)